【子連れ向け】引っ越し手続き一覧

子供がいると引っ越し手続きって大変ですよね。市役所に一緒に連れて行くにしても、子供は長時間静かに待っていられないことが多く、預けるにしても難しいこともあります。

しかし、どんな手続きが必要なのかをあらかじめ知っておく事で、その時間を短縮できます。ここでは、三段階に分けて引っ越し手続きをまとめてみました。

うまくスケジュールを組み立てて、スムーズな引っ越しになるよう心がけたいものですね。※本記事では、便宜上役場、区役所、市役所をまとめて「役所」としています。

引っ越しかも?と思ったら、空いた時間を見つけてやること

・家を探すこと
・保育園、幼稚園で2・3号の人は、新しい園を探し、入園できそうか調べておくこと
 ※1号の人も、人数制限で入れない場合もあるので、事前に電話で問い合わせておきましょう。
・粗大ごみの処分

おすすめ無料見積もりサイト

引っ越し侍最大10万円のキャッシュバックキャンペーン有!
引っ越しラクっとNAVI最大60%オフの実績有。窓口が一本なのでラク!
引越し達人セレクトもれなく「値段交渉術ガイド」がもらえる
更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。
もくじ(飛べます)

引っ越し2ヶ月前~2週間前までにやっておくこと

やること内容・時期
引っ越し業者の決定一番最初にやることです。
引っ越しの見積もりをし、業者と引っ越し日の決定をしないと賃貸契約の解除の日や、家の明け渡しの日程が決まりません。多くの場合、引っ越しの日=家明け渡しの日になります。
>>子連れ引っ越しにおすすめ!特典のある引っ越し業者の見積もりサイト厳選
賃貸契約の解除の連絡
引っ越しが決まったら、大家さんや、賃貸会社に連絡します。
会社によっては2ヶ月前や1ヶ月前など連絡の締切日が設定されていることがあり、その日をすぎると一か月分の家賃がかかるので気をつけてください。
※賃貸契約書を確認しましょう。退去時のハウスクリーニング代が明記されていることも。
幼稚園・学校に引っ越しの連絡学校が変わらない場合も、住所変更の連絡は早めにしましょう。
園や学校が変わる場合は、市町村に提出する書類がもらえますので、記入します。
※転校・転園が年度途中の人は、最後の日にクラスメイトにお別れの手土産があるといいですね。
インターネットの解約、引っ越しインターネットを解約する場合は、電話連絡と用品の返却だけで済みます。
ただ、返却用の梱包財などを受け取らなければならないので、早めの連絡が重要です。
ネットの引っ越し手続きや、新規の契約は時間がかかります。新しく契約する場合などは引っ越しが決まったと同時に連絡をするのでもいいでしょう。
粗大ごみ引越し粗大ごみを出す際は、自治体に予約の連絡をしなければならないところもあります。
引っ越し日にまとめて出していいかも確認しましょう。
郵便局に住所変更手続きネットで手続きできますが、完全に切り替わるまで1~2週間かかることもあるので、早めに届出をしておきましょう。日にちを指定できますので、すぐ行ってもかまいません。また、手続きには本人確認書類が必要です。
引っ越し手土産の準備引っ越しが近づくと忘れがちです。空いた時間に考えておきましょう。

引っ越し当日までにやること(別の自治体に引っ越しする人)

やること
転出届の提出現在の自治体と異なる住所へ引越しするときに必要です。
現在の自治体で、転出届を記入し、窓口に提出すると「転出証明書」を受け取ります。
新しい役所で使いますので、保管しておきます。
国民健康保険の資格喪失手続き国民健康保険に加入の方のみ、現在の役所で資格喪失手続きを行います。
印鑑登録の抹消現在の役所に実印の印鑑登録がある場合は、登録を抹消します。
児童手当の手続き同一市区町村内で引越しをする場合、特に手続きをする必要はありません。
他の自治体に引っ越す場合は手続きが必要です。
公務員の方は職場で手続きします。
電気・ガス・水道
使用停止・開始手続き
電気・ガス・水道の利用停止の手続きです。直前で構いません。
電話した際に、いつまで使用するか聞かれ、その日までの使用量で後日清算されます。
引っ越しの日までに新しい引っ越し先での開始続きもしておきましょう。

引っ越し後にやること(役所関係は、役所で案内してもらえます)

やること内容・時期
転居届・転入届の提出同じ市町村で引っ越しをした際には、転居届を提出します。
違う自治体の場合は転入届です。転出元からもらった転出証明書が必要になります。
引越しから14日以内です。
今後の手続きの際に新しい住民票も必要になりますので、一緒に取得しておきましょう。
マイナンバーカードの住所変更家族全員分の住所の変更を行います。カードを発行していて、暗証番号を設定している人は、住所変更時に必要ですので、思い出してから役所に行きましょう。※子供の分も
印鑑登録の変更新しい自治体に引っ越した人は変更します。
児童手当引っ越しから15日以内に手続きを行います。転居届けを出すと同時に案内されると思いますので、流れで手続きしましょう。公務員の人は職場で行います。
学校関係役所で案内してもらえますので、案内に沿って手続きしましょう。
免許証の住所変更手続き運転免許証はすぐに住所変更をしましょう。住民票など、新住所がわかるものが必要です。
警察署か運転免許センターなどで手続きを行うことができます。
自動車の住所変更手続き手続きの際は、新住所での車庫証明や自動車検査証などの必要書類を揃えて、地方陸輸局・運輸支局・自動車検査登録事務所へ行きましょう。
クレジットカードの住所変更手続きすぐに変更しましょう。転送不可の郵便物もあり、郵便物が届かないと後々困ることもあります。
銀行口座の住所変更すぐに変更しましょう。住所変更しなくても口座は使用できますが、その次に引っ越しをした際に、前の住所をたどることができず、後々面倒なことになります。
各保険の住所変更年度末に確定申告関係の書類が届きますので、忘れずにしておきましょう。
携帯電話会社の住所変更しなくても困りませんが、忘れずにしておきましょう。

子連れ引っ越して大切な手続きは、児童手当関連や、マイナンバー関連です。ただ、現在はどこの役所でも転入者が届け忘れが無いよう親切に案内してもらえます。困ったことがあれば、遠慮なく窓口の人や案内係の人に聞いてみてください。丁寧に教えてもらえますよ。

11月~12月は見積もりをとってじっくり検討しましょう。
引っ越し達人セレクトは、無料でお得な特典がたくさんありますよ。

引越代金が最大55%OFFに。更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。

無料見積もりするだけで引っ越し交渉術ガイドブックがもれなくもらえる

1+

まずは無料見積もりで10万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
もくじ(飛べます)
閉じる