勉強嫌いの中高生に自分から勉強させるためには、3つ方法があります。

「子供がなかなか勉強しなくて困っている」
「勉強嫌いなのはわかるけど、このままでは親も困ってしまう」

言い過ぎても、言わなすぎてもだめなようです。
そんなときにはこれから書く3つのことをやってみてください。

  1. ユーモアをまじえる。
  2. 無言の圧力を与える。
  3. 第三者の力を借りる。

おすすめ無料見積もりサイト

引っ越し侍最大10万円のキャッシュバックキャンペーン有!
引っ越しラクっとNAVI最大60%オフの実績有。窓口が一本なのでラク!
引越し達人セレクトもれなく「値段交渉術ガイド」がもらえる
更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。
もくじ(飛べます)

ユーモアをまじえる

お弁当作戦をやっているお母さんがいました。
白いご飯にのりでメッセージを書いたり、喧嘩したときには梅干だらけのお弁当にしたり、
「息子」の弁当なのに、一面ピンクのキティちゃんのお弁当になってたりして、
「絶対嫌がらせだ」と言っているのを聞いたときは笑ってしまいました。

無言の圧力を与える

塾や通信講座のパンフレットをおいといて、
お子さんの目に入るところに置くのだそうです。

そして、子供がふれてくるまであえて言わない。
でも、子供も聞かない。

塾に行きたくないタイプのお子さんは、少しでも点数をあげようと机に向かったそうですよ。

第三者の力を借りる

学校の先生の力を借りましょう。
お話できる時間を見つけて、親の影を見せずに上手に言ってもらいます。
先生は勉強させるのが仕事ですので、いくらでも方法はありますよ。

・ガミガミ怒り続ける
 子供がもっとも嫌がります。うるさく言うと提出物さえ出しません。
 勉強しなければいけないことは、本人もよくわかってますからね。
・無関心
 子供はいくつになっても親に関心をもってもらいたいものです。
 今まで言っていたのに急に言わなくなるのも寂しいそうです。難しいですね。

まとめ

ぜんぜん勉強しなくて困っている子供のためにできることは、環境を整えてあげることです。

・ユーモアをまじえる。
・無言の圧力を与える。
・第三者の力を借りる。

ぜひやってみてくださいね。

0

まずは無料見積もりで10万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
もくじ(飛べます)
閉じる