引っ越しと子どもの受験ストレスが重なってしまった場合

子供 受験 引っ越し

おすすめ無料見積もりサイト

引っ越し侍最大10万円のキャッシュバックキャンペーン有!
引っ越しラクっとNAVI最大60%オフの実績有。窓口が一本なのでラク!
引越し達人セレクトもれなく「値段交渉術ガイド」がもらえる
更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。
もくじ(飛べます)

受験が近づくと荒れる子どもはたくさんいます。

 今まで勉強をしてなかった子どもも、ここで始めて本気で勉強するという子供もいます。そしてこの時期は、反抗期と合わさって今までにないくらい親に対して強い言い方になったりする子供もいます。
 本当はゆったりした気持ちで見守ってあげたいのですが、そうはいってもなかなか難しい。今回はそんなときにどのように対処したらいいのかをお伝えします。

中学生がストレスを感じているときに親がしてあげられること

1.そもそも反抗期であるということを認識し、接する際には一呼吸おく

 中学生は反抗期を向かえます。中にはずっと反抗期である子どももいますが、そもそも心理学的に示された反抗期であるので、子どもがいつもより強い口調で接してきたりするのは通常のことです。それに受験ストレスが加わりさらに荒れてきます。反抗期の子どもに対して、大人が争ってはいけません。「反抗期なのに、受験もあって大変だな」くらいの気持ちで接してあげてください。

2.いつも笑顔でいあげる

いつも笑顔でいるというのは、日常生活を送っているママであれば難しいでしょう。しかし、彼らは今、人生で一番大事な時期を向かえています。一日のうちせめて子供の前だけでも笑顔を心がけましょう。

3.適度な距離を置きつつも無関心だと思われないようにする

彼らの多くは適度な距離を置いてほしいと思います。ただ、距離を置きすぎて「無関心な親だな」と思われてしまっては逆効果。子供の好物の料理をつくったり、かゆいところに手が届くサポーター的な役割をしてあげてください。

息子にとって何が最も最適かは、親であるあなたが判断することです。見つけてあげてください。

まとめ

 一番頑張っているのは子供です。合格したい。落ちたくない。その理由には、親に喜んでほしいからというものも含まれています。子供がつらくて自分に負けそうなときも、親が常にそばにいて支えてあげてくださいね。

0

まずは無料見積もりで10万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
もくじ(飛べます)
閉じる