高校生のママたちにぜひ読んでほしい本がありますクリック

高校生の息子に「学校に行きたくない」と言われたときにやってみること

 毎日何事もなく高校に通っていたときにある日突然「学校にいきたくない」と言われたら、びっくりしますよね。
できれば親としては毎日楽しく!とは言わないまでも、せっかく決めた高校には通ってほしいもの。
 ちなみに、「学校に行きたくない」と子どもが言い出し、ショックを受けることは親は誰でも一度は経験します
 そんなときにやらないほうがいいこと、やったほうがいいことを紹介しますので、今言われて困っているママはもちろん、まだ経験のないママも焦らないように対処できるように知っておいてくださいね。

目次

1、「学校に行きたくない」と言われたときにやってはいけないこと

子どもに「学校に行きたくない」と言われたら絶対にやってはいけないことです。

  • 「いいから行きなさい」と無理やり学校に行かせる
  • 過剰に心配する
  • 勝手にしなさいと放置する
  • すぐ先生に電話する

 共通するのは、子どものことをしっかり受け止めていないということ。

2、どうして学校に行きたくないのか

学校に行きたくない理由はさまざまですが、主な理由は以下のとおりです

  • 勉強がわからなくなってきた
  • 友達関係がうまくいかない
  • 先生とあわない
  • 将来に希望が持てない
  • (家庭内に原因があって心の健康を害し、)学校に行けるどころではない

理由は多岐にわたりますが、子ども自身が説明できないことも多いです。

3、「学校へ行きたくない」と子どもが言ったときに親がやってあげるべきこと

 では、学校へ行きたくないと子どもが言ったときにどうすればいいのでしょうか。今まさに言われて困っているママはもちろん、これから言われるかもしれないママにもぜひ知っておいてください。

話を聞く

まずは、どうしてそう思うのかしっかり話を聞きましょう。高校生はもうすぐ大人です。しっかりと自分の考えを持っているので、学校へ行きたくないといわれたらママはまずはよく話を聞いてあげてください。

学校へ行きたくない気持ちを受け止める

「そっか。それで行きたくないと思ったんだね」と、学校へ行きたくないということは悪いことではないんだということを受け止めてあげてください。学校へいかなくてはいけないというのは、子ども自身が一番わかっていますが、母親を悲しませたくないので今まで言えなかった子どももいます。

親は味方だという姿勢を子どもに伝える

学校へ行くことはもちろん大事なことですが、それよりも大事なのは子どもの心の健康ではないですか?たとえ学校でいやなことがあって、学校に行けなくなっても、親は味方だよと伝えることで、いくつになっても子供は安心し、嫌いな場所であっても向かっていけるものです。

子どもに「学校に行きたくない」と言われることは、どのママも一度は経験することです。初めての経験の人は、たまたまそれが高校生までなかっただっただけ。ただ、安易に受け流すことはせずに、しっかり話を聞いて、子どもの味方になってあげてくださいね。

【2020冬】高校生のママはケアの違いで見た目がぜんぜん違います!

美白おすすめ商品
カナデル プレミアホワイト(美白オールインワンクリームタイプ。効果も香りも素晴らしい!)
SimiTRY(美白オールインワンジェルタイプ。ぷるぷるの肌へ♪)

【2020冬】目もとおすすめ商品
ホワイトニングアイクリーム(目元のシワ、くすみに)

髪の毛のお悩みおすすめ商品
グローリン・ワンクロス(白髪染め。週一度のシャンプーでOK)
Raffi(ラフィー)(効果を実感!普段使いできる育毛剤)
オーガニック・タトゥー(ホントに気づかれない。肌に優しい薄毛隠し)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる