引っ越しは子供にとってかわいそうではない。それは親次第です。

子供にとって、引っ越しをすることがストレスになるのではないかという親はとても多いです。「自分自身が引っ越しで寂しい思いをしたから」「引っ越しが嫌だと子供が言っているから」など、子供がいる家庭は引っ越しに対してネガティブの感情を抱いてしまいがちです。

しかし、引っ越しをするという事実は変えられないもの。事実は変えられないのであれば、結局のところ親の姿勢次第で子供の気持ちも変わってきます。「引っ越しはかわいそう」と思うのであれば、本当にかわいそうになってしまわないよう親は引っ越し時期はいつも笑顔を心がけていたいものです。

おすすめ無料見積もりサイト

引っ越し侍最大10万円のキャッシュバックキャンペーン有!
引っ越しラクっとNAVI最大60%オフの実績有。窓口が一本なのでラク!
引越し達人セレクトもれなく「値段交渉術ガイド」がもらえる
更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。
もくじ(飛べます)

子供が幼児園児のときの引っ越し

子供にとっての初めての集団活動になることが多い保育園・幼稚園。家でお友達の話をしてくれると親は嬉しくなりますよね。赤ちゃんだった子供が、家で友達の話をする日がくるなんて、親としても成長を感じるものです。

引っ越しで幼児の子供がいる親は、引っ越しによって仲の良い友達と引き離されてしまって心配になります。「心にストレスを与えないだろうか」「新しい環境で友達が作れるだろうか」など、子供の人間関係を自分のことのように考えてしまいがちです。

しかし、知っておいてほしいのは、子供は新しい人間関係を作る天才だということ。子供たちは大人よりも柔軟で、親が心配している間に、いつのまにか新しい環境に慣れてしまいます。半年後には新しい人間関係で上手にやっていますので、大丈夫ですよ。

うちは年中から引っ越したけど、全く問題ない。むしろ、親のほうが知らないママ友ばかりでさみしくなる。子供のほうは全く心配いらなかった。

ツイッターより引用

年長から引っ越しました。お別れさせるのはかわいそうかなと思いましたが、子供の力ってすごいですよ。新しい幼稚園には同じく年長から違う幼稚園に来た子も何人かいました。また、年長から初めて幼稚園にいれる人も意外といることを知ってびっくりしました。

某掲示板より引用

子供が小学生になってからの引っ越し

子供が小学生になってからは、学年によっては少し影響があるかもしれません。できるだけ低学年のうちに引っ越したほうがいいでしょう。しかし、仕事の都合での転勤ですと、引っ越さないわけにはいかないので、親のフォローが大切になってきます。

小学校によっては、教科書や進度が全く違う場合があり、学習面でのフォローも必要になってきます。先生と連携をとりあって、学習面の心配はなくしておきたいものです。

また、幼児のときと違って、親が学校に関わることも減り、親同士の交流が少なくなります。親も積極的にPTA活動に参加して、顔見知りの方をつくるようにしましょう。

引っ越し決定。子は小4。かわいそうだけどしょうがないかぁ。

ツイッターより引用

高学年での引っ越しってあまり聞かないけど、子供の影響が心配。

ツイッターより引用

子供のころの引っ越しを前向きに捉えている方も

その当時は嫌な思い出しかなかったけど、転校したおかげで親友ができたから引っ越しは悪いものない。本人がどうとらえるかだと思う。

ツイッターより引用

引っ越しはかわいそうだといくら親が思っても、転勤などの場合は事実として、避けられないものです。その事実を受け入れて大人になっていくしかありません。親は子供の様子を見てかわいそうだと思ってしまいがちですが、子供は案外たくましいもの。乗り越える時間も早いようですよ。

引っ越しがかわいそうかは親次第

引っ越しが子供にとって、プラスになるかマイナスになるかは親の言葉かけ次第です。親が、かわいそうだなと思って引っ越しをすること、子供に伝わり、子供が引っ越しをする自分はかわいそうなものととらえてしまいます。

引っ越しすることでお友達や先生と離れてしまい、寂しいのは事実ですが、新しい先で新しいお友達や先生と出会え、もっと人生が豊かになるかもしれないという可能性があることも事実。親がしてあげられるのは、かわいそうだ思うのではなく、寂しいという気持ちに寄り添いつつも、これからの楽しい未来を話してあげることです。

長い目で見て、子供にとって引っ越しがプラスになるよう、忙しい中でも引っ越し期間中は前向きな言葉がけを忘れずにいたいものですね。

1+

まずは無料見積もりで10万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
もくじ(飛べます)
閉じる