引っ越し当日子供をあずけたい!預ける方法をまとめてみた

引っ越しママのアイコン画像引っ越しママ

子供がいると引っ越しって本当に大変!少しでも預けることできないのかな?

子連れ引っ越しは、子供がいるから大変なのですが、せめて当日や2~3日前、引っ越し直後だけでもどこかに預けられたら助かりますよね。近くに祖父母がいればありがたいのですが、最近は祖父母に頼れない家庭も多く、なかなかそう簡単にはいきません。

そこで、預けられなくても、なんとかして預けようと思った場合どうすればよいのかまとめてみました。もしまだアプローチしていない方法があればやってみてください。現在保育園・幼稚園・学童に行っている子供はそこに預けられると思いますので、それ以外の方法を考えてみます。

おすすめ無料見積もりサイト

引っ越し侍最大10万円のキャッシュバックキャンペーン有!
引っ越しラクっとNAVI最大60%オフの実績有。窓口が一本なのでラク!
引越し達人セレクトもれなく「値段交渉術ガイド」がもらえる
更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。
もくじ(飛べます)

ファミリーサポートセンターに登録する

あと数日でそこの土地から離れてしまう場合でも、ファミリーサポートセンターは使用できます。住んでいる市町村のファミリーサポートセンターの窓口の電話番号を調べ、問い合わせてみましょう。簡単な面談が必要ですが、断られることはありません。そのあと預かってくれる方とのマッチングがあります。そこで、預かり先が見つからない場合はあります

新しい市町村ではその市町村の窓口になりますので、市町村が変わる場合はあずけられません。引っ越し後は、別の方法を探しましょう。

誰でも使用できる一時預かりを設定している幼稚園・保育園を探す

その保育園に入園していなくても、誰でも利用できる一時預かりを解放している保育園、幼稚園もあります。園のサイトに「どなたでも利用できます」と記述がある場合がありますので調べてみましょう。

例えば振り替え休日や昨今のコロナ禍で急に幼稚園が休みになることがありますが、そこに通わせている共働き家庭御用達の一時預かりがどこなのかを市役所に問い合わせてみてもいいかもしれません。

商業施設にある預かり保育を利用する

大きなショッピングセンターに、預かり施設が併設している場合があります。保育士が常駐していて、30分単位や1時間単位で料金設定がされています。本来はそこで買い物をする方のための場所ですが、わずかな時間であれば利用するのも手です。

ママ友に少しだけ見ていてもらう

どうしても子供がじっとしていられない1歳などは、ママ友に一時間だけ見ていてもらうなどの対策をたてましょう。お互い子供がいますので引っ越しの事情がわかっていれば引き受けてくれる方もいるかもしれません。

ベビーシッター・マッチングアプリで探す

ベビーシッターを探して短時間だけみていてもらう方法があります。現在は英語を教えてくれるベビーシッターもたくさんおり、探せば高待遇で預かってもらえます。ただし、最近はベビーシッター関連の事件もありますので、安全性が確認されている会社にお願いするようにしましょう。

引っ越しママのアイコン画像引っ越しママ

預けずになんとか乗り切っているママも多いです。3歳未満の場合は、梱包した荷物が出されてしまうなどの苦労もありますが、終わってしまえばそれもいい思い出として残っているようです。

こんな場合は預けないほうがいい

  • 子供が預けられることを異様に怖がる
  • 今まで預けた経験がなく、直感であまり預けないほうがよいと思う場合

子供は大人が思っているより引っ越しに対して不安を感じています。子供の様子に異変を感じたら、預けることをやめましょう。

1+

まずは無料見積もりで10万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
もくじ(飛べます)
閉じる