高校生のママたちにぜひ読んでほしい本がありますクリック

高校生で勉強嫌いの子に興味を持ってもらうためにはどうすればいい?

目次

「勉強に興味がない。やりたがらない。」にママはみんな困っている。

 「うちの子、家でぜんぜん勉強しないんです」こんな声は本当によく聞きます。
 毎日机に向かわせるだけでも一苦労。向かわせたもののなかなかやってくれない。言いすぎもいけないのかなと思いつつも、時間ばかりが過ぎていくし、自分もイライラがおさまらない。もう勉強させるのをあきらめてしまおうか。いや、でもこの子の将来はどうなる?なんて思っていませんか?

このお悩み、高校生の男の子を持つママは結構持っています。

 ここでは、そんな悩みに日々格闘するママたちの中から、よかった方法をあげていきます。あなたのお子さんにあった方法が見つかるといいですね。

高校生の子どもが勉強に前向きなった方法3つ

1.親が勉強の進捗状況を把握し、なぜ勉強に前向きではないのかを把握する。

 お子さんが勉強しないのは勉強がわからないからですか?学校が嫌いだからですか?将来に希望が持てないからですか?子どものモチベーションが下がっている原因がわからない場合はすぐに把握してあげてください。
 親が子供のことを知ろうとしないのに、子供は親の言うことを聞いてくれるわけがありません。知るだけで対策が見える場合もあります。

2.勉強する環境を整えてあげる

塾に行っていない子どもは、ママが塾を調べて提案したり、通信教育を進めてみたりするといいでしょう。まだ塾はいいのでは?というママが多い小学校低学年の子どもでも、今はどんどん塾に行っています。もし、価格面で心配であれば、筆者は進研ゼミをおすすめしています。

3.親が一緒に勉強してみる

 子どものことはいい意味で放っておいて、ママが資格の勉強をしてはいかがですか?子どもにイライラするより、自分の時間を有効に使うことのほうがよっぽどいいですよね。ママが勉強する姿勢を見せていたら、気がついたら同じリビングで一緒に勉強するようになったという子どももいましたよ。

それでも向かってくれないときは、少し子供と離れてみる。

 上のに共通することは、子供に勉強を強要しないことです。ママがイライラしていることは、彼らが一番わかっています。息子のためになることをしてあげたいのに、逆に息子をイライラさせたり、気を使わせたりしたくありませんよね。

子供は無口ですが、親が思っているより親を観察しており、親の気持ちがわかっています。

まとめ

 「勉強が大好き!いくらでも勉強したい」という高校生のほうが少ないです。自分の子どもは勉強好きになってくれるだろうなんて期待はひとまず置いておいてください。
 親が「勉強なんかしなくていい」と言わない限り、「勉強はしなければならないもの」「勉強をしないと(具体的には想像できないけど)きっと自分は困ることになるだろう」というのは高校生はみんな知っています。
 一年のうち、何日か勉強しなくても変わりませんので、しばらくは子どもを信じて少し距離をとってみるのもいいでしょう。

【2020冬】高校生のママはケアの違いで見た目がぜんぜん違います!

美白おすすめ商品
カナデル プレミアホワイト(美白オールインワンクリームタイプ。効果も香りも素晴らしい!)
SimiTRY(美白オールインワンジェルタイプ。ぷるぷるの肌へ♪)

【2020冬】目もとおすすめ商品
ホワイトニングアイクリーム(目元のシワ、くすみに)

髪の毛のお悩みおすすめ商品
グローリン・ワンクロス(白髪染め。週一度のシャンプーでOK)
Raffi(ラフィー)(効果を実感!普段使いできる育毛剤)
オーガニック・タトゥー(ホントに気づかれない。肌に優しい薄毛隠し)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる